クラシックとロックの狭間 プログレッシブ・ロック

プログレッシブ・ロック、いわゆるプログレの代表バンドは?プログレはそれほど深入りしていませんでしたので、にわかなのですが、Wikipediaによると、

プログレ5大バンド

キング・クリムゾンピンク・フロイドイエスジェネシスエマーソン・レイク&パーマー

だそうです。うん。ここまではついて行ってる。

その他のプログレのバンド

ムーディー・ブルースジェントル・ジャイアントルネッサンスストローブスカーヴド・エア、ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター、バークレイ・ジェームス・ハーベスト、ダリル・ウェイズ・ウルフザ・ムーブ、ジェイド・ウォリアー、ファミリー、キャメルグリーンスレイド、クワイエット・サン、ジェスロ・タルホークウインドマイク・オールドフィールドナイスアトミック・ルースター、マイティ・ベイビー、アフィニティー

はい。全くついていけてません(笑)

実際買ったことのあるLPといえば、

ピンク・フロイド

Atom Heart Mother (Remastered Discovery Edition)

有名な牛のジャケットのアルバムです。Atom Heart Mother=『原子心母』か…直訳すぎる気もしますが、今となってはしっくりきます。この時代にこんなアルバムを作ったとは恐れ入ります。

Dark Side of the Moon

有名なプリズムのジャケットのアルバムです。The Dark Side of the Moon=『狂気』か…意訳しすぎのような気がしますが、当時とてつもなくベストセラーになったアルバムです。

ムーディー・ブルース

セヴンス・ソジャーン

高校時代買ったけど、覚えていない…

マイク・オールドフィールド

チューブラー・ベルズ+2

これもすごい。なんと一人で多重録音をしてつくったアルバムです。今の時代であれば簡単なのかもしれませんが。

私が買って聞いたことのあるアルバムは以上なのです。やっぱり、にわかですね。中高時代ですから。欲しくても買えなかったのもありますが…

でも、今はお金を出さなくてもyoutubeがあります!

いろいろ見ていきましょう。では、大好きなピンク・フロイドから

ピンク・フロイド Atomheartmother Live

1971年来日時の箱根アフロディーテのライブの映像です。私が生まれたころにこのアルバムが誕生したんですね。

Pink Floyd(コピーバンド?) – Atom Heart Mother Live

この映像、よくできています。コピーだと思いますが、アルバムが忠実に再現されています。

エマーソン・レイク&パーマー『展覧会の絵』

『展覧会の絵』に歌がついています。どんな、歌詞なんでしょうか。

マイク・オールドフィールド『チューブラーベルズ』ライブ

映画『エクソシスト』使われた曲として有名です。

プログレの思い出って、このぐらいなので、また機会があれば触れていきます。



にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

投稿者: efu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。