『平均律クラヴィーア曲集第2巻全曲演奏会 24人24色』に行ってきました

音楽を紡ぐ~バッハ平均律の世界~第2回

シリーズ―魅力ある愛媛の音楽家たち―Vol.13

300年間世界中で尊ばれてきた「平均律クラヴィーア曲集」第2巻の全曲演奏会です。
一昨年開催した第1巻全曲演奏会に引き続き、24名のピアニストが砥部に集まり、音楽を弾き繋いでいきます。
【日時】平成30年5月27日(日)
開演13:30(開場13:00)
【場所】砥部町文化会館ふれあいホール

砥部町文化会館website

急な仕事が入らない限り行けそうなので、チケットを購入しました。



本日、行ってまいりました。休憩15分を挟んで3時間。演奏者の方々は本当にご苦労様でした。身内の方が多数来られている様子で、純粋にバッハの平均律クラヴィーア曲集第2巻を全曲聴きにきたという感じの人は少なそうに見えました。まぁ、私は、バッハを聴きに行ったつもりなんですけどね。この曲集を退屈させずに最後まで聴かせるのははっきり言って至難の業だと思います。たぶん、日常でバッハを聴く人も珍しいなか、平均律のしかも2巻とは…。1人ご事情で演奏できない方がおられましたので、23人の演奏を聴きましたが、おぉ、って思わせる演奏や、ちょっと眠くなりそうな(失礼)演奏まで色々で、つまり、いくらピアノが弾けるからといっても、バッハを聞かせえるツボいや、バッハの平均律はピアニストに立ちはだかる巨大な壁なのでありますから、簡単に弾ききれない方が、かえって人間性が垣間見れて良いのではと思います。ちょっと無理のある企画にも見えますが十分楽しめました。(5/27)

コンスタンチン・シャムライ ピアノリサイタルvol.3(パンフレット表)

コンスタンチン・シャムライ ピアノリサイタルvol.3(パンフレット裏)

6/17だそうです。これは行ってみたい。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

投稿者: efu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。