『ヴァイオリン・ソナタ第9番クロイツェル』コパチンスカヤ/ サイ

ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」

第1楽章 Adagio sostenuto – Presto
第2楽章 Andante con variazioni
第3楽章 Presto

ベートーヴェンの傑作ヴァイオリン・ソナタ第9番をこれほど面白く聴かせてくれる映像はなかなかないですね。

まるで、ピアノとヴァイオリンがお互い刺しあっているような感じです。ちょっと、サイ押されてるんじゃないですかね。

コパチンスカヤのチャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲』、ベートーヴェン『ヴァイオリン協奏曲』と立て続けに聴いて、そして、このヴァイオリン・ソナタです。ただものではないですね。

ちょっと前までは、ヒラリー・ハーンのバイオリンを聴いていたのですが、全く真逆の印象です。冷静と情熱。感覚の問題ですけどね。

当分、コパチンスカヤのヴァイオリンに酔いしれる日々が続きそうです。

スーパー・デュオ!

パトリシア・コパチンスカヤとファジル・サイのCDが出ていますが、同じ演奏なんですかね?

ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ 第9番 ≪クロイツェル≫ オイストラフ/オボーリン

新旧ということでオイストラフ先生とオボーリン先生の演奏と聴き比べをするのも良いかもしれません。

ベートーヴェン『ヴァイオリン協奏曲』コパチンスカヤ

カデンツァの部分をコパチンスカヤがピアノVERを編曲して演奏しています。良い悪いはべつとして、面白いのは間違いないです。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

投稿者: efu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。