「平均律第一番ハ長調」4声のフーガ、やっと終わりが見えてきました!

バッハの平均律の第1番ハ長調フーガがやっと最後まで行けるようになりました。ちょっとばかし、なんてレベルじゃないくらい難しい。指が広がらない、各声部がとぎれとぎれになるなど、課題はこれからだと思います。

当然、次の第2番ハ短調に進んでいきたいと思っているのですが、ハ長調と比べて、プレリュードから結構大変そうです。全部で48曲ありますので、まだまだ先は長いですから気長にやっていくしかないですね。

最近は真面目に「インヴェンション」も弾いています。ちょっと面白みを感じ始めましたので。あと「小プレリュード」とかもいいですね。気分転換にたまに弾いてみると結構面白いです。

毎日、バッハを弾くのが楽しみなので、この趣味は体が動かなくなるまで続けていこうと考えています。

ただ、レパートリーが全く増えないという現状もありますが、人に聴かす為にピアノをしているわけではないので、無理する必要もないのかなと。余裕ができれば、モーツァルトなんかも…なんて、考えるのは楽しいことなのですが、実際は容易なことではないのでしょうね。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

投稿者: efu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。