楽譜の問題でちょっと険悪な雰囲気に

私の仕事の都合なのですが、ピアノ教室の先生が変わりました。いかにもピアノ教えています!という感じの先生です。

とりあえず大人しくインヴェンションの2番を弾いていると、何度も楽譜を取り上げて、「この楽譜はよくないですねぇ」と…

その楽譜とは「インヴェンションとシンフォニア JSバッハ 市田義一郎著」なのですが、私的にはなかなか気に入っている楽譜なのです。

それで、先生は何をお勧めするのかと思ったら、「バッハ集 4 (井口基成 校訂版) (世界音楽全集 ピアノ篇)」という箱に入った楽譜でした。

もし買っても家では絶対使わないし、家用と教室用の演奏を使い分けないといけないので、とっても面倒くさいです。

ということなので、当分バッハは封印しようかなって考えています。

Kimiko Ishizakaの平均律クラヴィーア曲集の演奏です。私にとって理想の音が詰まっています。良い響きです。

投稿者: efu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。